地下鉄 天神駅 14番出口直結

当院は完全予約制です

9:00~13:00/14:00~16:00 ※木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

予約・お問い合わせは下記の電話で

TEL:092-733-0002

Dr. 野崎のウイメンズコラム

採用情報

院長コラム

クリニックフラワー
天神ウイメンズカフェ
Active Aging2019
MOBILE

HOME»  Dr. 野崎のウイメンズコラム»  Dr. 野崎のウイメンズコラム»  Café Menu 35 〜キャッチ・アップ?〜

Café Menu 35 〜キャッチ・アップ?〜

Café Menu 35 〜キャッチ・アップ?〜

1987年から1989年の間アメリカに留学していました。五大湖の一つであるエリー湖の南岸から南に広がるオハイオ州のシンシナティという都市で大半の期間、大学で研究生活をして過ごしました。シンシナティの南にはオハイオ川が流れ、対岸はフライドチキンのケンタッキー州です。少し下流にはケンタッキー・ダービーで有名なルイ・ビルという都市があります。

30年前のシンシナティには、東海岸や西海岸と違って日本人観光客が訪れることもなければ、日本のTV番組が流れることもありませんでした。現在のようにインターネットは普及していませんから、日本からの情報はかなり少なくて、現在のトランプ大統領がフェイクニュースだと糾弾しているCNNニュースの英語を必死に聞き取って、何とか情報源としていました。

大学の研究室では、日本人研究者もいますし、外国人スタッフとも医学用語や専門用語を交えての会話にもあまり不便はありませんでした。住んでみればアメリカという国は英語さえ使いこなせば、実に素朴で、合理的で、ある意味頑固な、愛すべき50の州からなる “合衆国” なのです。

当時のアメリカ社会にもかなりの格差がありましたが、肌の色を問わずエリート層は日本人に対する理解はあり、当方の拙い英語でも何とか通じました。ところがそうではない階級のアメリカ人は、日本のことをよくわからない、知らない、興味がないといった具合でした。

ある時、マクドナルドのドライブスルーで注文しました。相手はスピーカーの向こう側で表情は見えません。チーズバーガー、フレンチフライ、、、、と注文は順調に進みました。車を進めて受け取り口へ。そこで、アフリカ系アメリカ人の店員が「キャッチ・アップ?」と聞きます。「イエス、アイ、キャッチ・アップ」と答えます。また彼女が「キャッチ・アップ?」これの繰り返しがしばらく続きます。

アフリカ系アメリカ人の店員が、車中の哀れな日本人家族を見下ろして、続けます。「キャッチ・アップ?」 、、、、、、ん?もしかしてケチャップ?そうです。店員は「ケチャップは要るか?」と飽きもせずに繰り返していたのです。

出典:kusodesign.deviantart.com

2019-08-20 10:52:00

Dr. 野崎のウイメンズコラム

 
PAGE TOP