地下鉄 天神駅 14番出口直結

当院は完全予約制です

9:00~13:00/14:00~16:00 ※木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

予約・お問い合わせは下記の電話で

TEL:092-733-0002

Dr. 野崎のウイメンズコラム

求人情報

院長コラム

天神ウイメンズカフェ
MOBILE

HOME»  Dr. 野崎のウイメンズコラム»  Dr. 野崎のウイメンズコラム»  Café Menu 14 〜女性アスリートとピル〜

Café Menu 14 〜女性アスリートとピル〜

Café Menu 14 〜女性アスリートとピル〜

昨年、東大病院に「女性アスリート外来」が誕生しました(2017年4月)。1)スポーツを行う女性なら健康そのものではないかと思われがちですが、実際には女性アスリートの健康問題は大変深刻なものです。昨年度は受診者の62%が、無月経や月経不順だったそうです。1)

競技には月経なんか来ない方がいいのではないか?と男性は考えがちですが、無月経の原因にはエストロゲン不足や栄養不足などの要因があり、疲労骨折や摂食障害になるなど、アスリートにとっては深刻な問題なのです。したがって、アスリートのエネルギー消費量や摂取量を栄養士が管理して、エネルギーバランスを改善することも重要です。

国立スポーツ科学センターの能瀬先生の調査によれば、女性トップアスリートの4人に1人が月経困難症で鎮痛剤などの薬物を使用しているが、婦人科受診率は10%しかないという現状でした。2)月経困難症で痛みを我慢しながらの競技では最高のパフォーマンスは出せませんよね。

同じ調査によれば、約90%のアスリートが月経周期とコンディションの変化を自覚しているそうで、コンディションの良い時期に合わせた月経移動が望まれます。2)月経移動にはピルが第一候補ですが、日本ではトップアスリートのピル使用率は未だ2%という低さです。2020東京までに間に合うでしょうか。

■引用・参考文献
  1. 「東大病院」http://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/a_joseika02/athlete.html、2018年12月7日アクセス
  2. 「能瀬さやか」『女性アスリートの現状』公益財団法人日本産婦人科医会、2014年5月14日、http://www.jaog.or.jp/wp/wp-content/uploads/2014/05/76_140514b.pdf、2018年12月7日アクセス

2019-01-18 14:01:00

Dr. 野崎のウイメンズコラム

 
PAGE TOP