地下鉄 天神駅 14番出口直結

当院は完全予約制です

9:00~13:00/14:00~16:00 ※木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

予約・お問い合わせは下記の電話で

TEL:092-733-0002

Dr. 野崎のウイメンズコラム

求人情報

院長コラム

天神ウイメンズカフェ

Active Aging
MOBILE

HOME»  Dr. 野崎のウイメンズコラム»  Dr. 野崎のウイメンズコラム»  Café Menu 10 〜カーテンを開けてクダサイ〜

Café Menu 10 〜カーテンを開けてクダサイ〜

Café Menu 10 〜カーテンを開けてクダサイ〜

産婦人科には内診台があります。最近は座ったイスが電動で回転して、診察の体勢になるように動く内診台がほとんどです。慣れていない女性は最初はビックリしますし、ご高齢の女性になると転落したりしないように看護師が介助します。この内診台には、内側と外側を仕切るカーテンがあります。

日本人女性の診察ではこのカーテンを閉めるのが普通ですが、外国の女性、特に欧米人女性は、「カーテンを開けてクダサイ」とカーテンで閉め切られることを嫌がります。自分から見えないところで、何か知らない、何か分からない診療行為が行われているようで、不信感や違和感があるようです。

カーテンを開けて顔を見ながら診察をすることには、診察する側も最初は戸惑いやら恥ずかしさやら、落ち着かないこともありました。何年も何十年もたった今では、かえってカーテンで仕切ることに違和感を覚えることもあります。米国での診察は個室で全裸でしたから、彼我の違いがあります。

カーテンを隔てて診察をするには、会話が完全に成立していて、尚且つ、意思の疎通が充分に行われていなければなりません。日本語の会話に問題がない日本人同士ならば、カーテン越しの診察でもいいでしょうが、私のつたない英語ならば、顔を見ながらの診察の方がはるかに正確でしょう。

2019-01-18 12:19:00

Dr. 野崎のウイメンズコラム

 
PAGE TOP